2つのタイムピースが織りなすハーモニー

劇場の出口へと向かうジョンと妻のリナ。オペラを愛する2人は、ジュゼッペ・ヴェルディの作品「ファルスタッフ」の初日公演を鑑賞しました。オペラの巨匠ヴェルディによるこの最後の作品は、120年以上前にミラノで制作されたものですが、現在も初演当時と変わらぬ陽気な雰囲気を楽しむことができます。壮大なスケールの公演を楽しんだジョンとリナは、幸せな気分に浸るのでした。

リナは、この素晴らしい瞬間を少しでも長く味わえるよう、劇場のすぐ近くにあるヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの中のレストランで夕食をとることを夫に提案します。レストランで席について手を取り合い、変わらぬ愛を分かち合う2人。彼らは愛の絆の証に、マリッジリングではなく、繊細で優雅な「バロンチェッリ ヘリテージ」ウォッチを選びました。このコレクションを気に入った理由は、その中に自分たちの愛と出会いの象徴を見出したからです。 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの建築スタイルから自由なインスピレーションを得たこのタイムピースはいつも、有名なアーケードのドーム天井の下で2人が偶然出会った日のことを思い出させてくれます。

ウェイターが食事を運んできたため、2人の愛の空想は中断されました。彼らの手は離れましたが、ジョンとリナの心臓は一つになったように鼓動し続けます。まるで、彼らが身に着けている2つの「バロンチェッリ ヘリテージ」ウォッチの自動巻きキャリバーが一体となってリズムを刻むように。