ミドー X レッドブル クリフダイビング

08/26/2019

モスタル、2019年8月26日

8月23・24日に、世界最高のクリフダイバーが24人(男性14人、女性10人)、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに集結し、 Red Bull Cliff Diving World Series 2019の第6戦に臨みました。モスタルの街を象徴するスタリ・モスト(「古い橋」の意)でこのクリフダイビング世界選手権が開催されるのは5回目となります。ここでも求められるのは、高い精度と美しい姿勢です。

世界で最も美しい橋の一つに数えられるスタリ・モストと周囲の絶景は、ミドーフレンズに強いインスピレーションを与えました。全7戦中の第6戦であるこの地で、ジョナサン・パレデス(メキシコ)は416.45点をマーク。極めて高い精度、美しい姿勢と優美さが評価され、第3位に輝きました。また、アレッサンドロ・デ・ローズ(イタリア)も素晴らしいダイブを見せ、第4位。

この第6戦の勝者、コンスタンティン・ポポヴィッチ(ルーマニア)には、ミドーのオーシャンスター ダイバー 600が贈られました。最大60気圧に耐える防水性、耐衝撃性、深海の暗闇でも保証される視認性を備えたオーシャンスター ダイバー 600は、卓越のダイビングウォッチです。

ミドーフレンズであるジョナサン・パレデス(メキシコ)は善戦しており、現在、総合ランキング2位に着けています。

mostar - 1 slide
mostar - slide 2
mostar 3 - slide

フォローする

ニュースレターを申し込む