ミドー X レッドブル クリフダイビング - サンミゲル島

22.06.2019

ポルトガル・アゾレス諸島の火山群島の澄んだ海で、Red Bull Cliff Diving World Series 2019 第4戦目が開催地されました。選手は自然保護区という特別な景観の中で、高精度で端正なラインを描いて着水する見事なダイブを披露しました。

全7戦のうち4戦目となる、このサンミゲル島での試合終了後、メキシコ人クリフダイバーで、ミドーフレンドであるJonathan Paredes (MX)が417.50ポイントを獲得しました。彼は精密で端然としたラインと優雅さで2位を手にしました。

4戦目の優勝者であるGary Huntは、 オーシャンスター ダイバー600が贈られました。オーシャンスター ダイバー600は、60気圧防水、耐衝撃性を備え、深海の暗闇でも見やすい卓越したダイバーズウォッチです。

総合順位では、Jonathan Paredes(MX)が現在2位。 ミドーは彼がミドーフレンドであることを非常に誇らしく思い、今後の活躍を願っています。

Credit: Hugo Silva / Red Bull Content Pool - São Miguel - podium

フォローする

ニュースレターを申し込む