オーシャン スター キャプテン チタニウム

07/26/2018

大海原の試練に挑む

海が彼の生まれ故郷。飽くことなく大海原の探検を続ける船乗りは、状況が許せばすぐに、隠された宝物を発見すべく深海へと潜ります。彼の一日の長さは天候によって異なりますが、正確な時間を知ることは、彼にとって必要不可欠。腕には、ミドーのオーシャン スター キャプテンが光っています。軽さと頑強さを理由に、彼はチタン製のこのモデルを選んだのです。ケースバックに刻印されたヒトデのモチーフもお気に入りです。

「人が航海の範囲を広げ始めたときから、船上にはマリンクロノメーターがあり、船乗りの目印となる灯台があった。」船乗りはよくこの2つの道具を対比します。現在では電子化されている灯光の回転は長い間、時計のメカニズムに連動していました。最大80時間のパワーリザーブを備え、最大20気圧に耐えるオーシャン スター キャプテンが、ジブラルタル海峡を守るエウローパ岬灯台のごとく、彼を見守っています。

1周、2周…。船乗りはオーシャン スター キャプテンの回転式ベゼルを操作します。10秒経過しました。エウローパ岬灯台の灯りは、規則正しく10秒間隔で点滅します。潜水用具の点検も終わり、船の用意もできました。さぁ、出港の時間です。

Ocean Star Captain Titanium

フォローする

ニュースレターを申し込む