コマンダー 1959 M8429.3.22.13

「コマンダー 1959」は、1959年に登場して以来、途切れることなく生産されてきたコレクションです。ケースと一体化したブレスレットやアクリルガラスなどの特徴を備えたこのモデルでは、モノコック構造のケースに自動巻きムーブメントを収めています。
「コマンダー 1959」は、1959年に登場して以来、途切れることなく生産されてきたコレクションです。ケースと一体化したブレスレットやアクリルガラスなどの特徴を備えたこのモデルでは、モノコック構造のケースに自動巻きムーブメントを収めています。

技術データ

case
ケース

  • 素材:
    PVD加工を施したステンレススティール
  • 直径:
    37.00 mm
  • ラグの間のサイズ:
    5.90 mm
  • 防水性:
    5気圧防水(50 m / 165 ft)
  • クリスタル風防:
    ヘサライトクリスタル
  • ケースの高さ:
    10.45 mm

movement
ムーブメント

  • ムーブメント種類:
    自動巻き
  • 自動巻き ミドーキャリバー 80(ETA C07.621 ベース)
    • 日付

dial
ダイヤル

  • ダイヤルカラー:
    イエロー
  • インデックス:
    アプライドインデックス

strap
ブレスレット

  • イエローゴールドPVD加工を施したステンレススティール製のミラネーゼメッシュ
Thumbnail

キャリバー 80

ミドーが誇る次世代の自動巻きムーブメント、キャリバー 80は、80時間のパワーリザーブを備えており、これは標準的なキャリバーのパワーリザーブの2倍に相当します。 またメゾンでは、このキャリバーをベースにしたクロノメーターを開発し、その優れた精度によって、COSC(スイス公式クロノメーター検定協会)の認定を取得しています。

Thumbnail

PVD処理

物理蒸着法(PVD)は、非常に高度な成膜技術です。この方法を用いると、不純物が含まれない高強度の膜で時計部品をコーティングして、耐食性が長期間持続する部品を作り出すことができます。こうして形成された顕微鏡レベルの薄膜が、時計の硬度と堅牢性を強化すると同時に、ブラックカラー、ピンクゴールド、あるいはイエローゴールドのエレガントな外観を、より美しく仕上げます。形成される膜は低アレルギー性であるため、普遍的な魅力を高めたり、幅広く応用することができます。

Thumbnail

ミラネーゼメッシュ

手首の動きに合わせて、流れるように動くミラネーゼメッシュ。肌を包み込むような独特の滑らかな感触はレザーストラップを想い起こさせますが、しなやかで洗練された金属から作られる素材です。独特のメッシュ構造は、優れた通気性、そして非常に人気の高い個性的な外観をもたらします。19世紀にミラノで最初に製作されたこの素材は、イタリアのクラシックなエレガンスと時代を超えた美的感覚を今日に伝えています。

¥117,720

フォローする

ニュースレターを申し込む